騒音トラブルが起きたらまずすること

 

私たちの日常生活の中で起こりえるトラブルのひとつに、近隣の住人による騒音があります。

 

騒音に関してのトラブルは一般の住宅街でも発生しますが、特にマンションやアパートなどの集合住宅ではひとつの建物の中に複数の世帯が入居しているため、騒音に関してのトラブルは発生しやすい傾向にあります。

 
騒音に関してのトラブルは、その発生元となっている住人がとくに意識をして騒音を出しているというケースはほとんど皆無に近いはずなので、相手に対して直接苦情を申し立てた場合、反感を買ってしまい今度は人間関係のトラブルにまで発展してしまいかねません。

 

環境庁が定めた環境基準では日中は55デシベル程度、夜間であれば45デシベル程度の音量までが騒音の許容範囲となっていますが、人によっては環境庁が定めた環境基準よりも低い値でも苦痛を感じることもあります。

 
騒音に関するトラブルは、人によって苦痛を感じる基準が異なっているため、まずは自治体などの第三者に騒音の音量を測定してもらいきちんとした数値を出してもらうのが問題解決への第一歩となります。

 

測定によってきちんとした数値を出した上で、集合住宅の場合には管理会社に環境の改善を求めるのが最適な方法となります。

コメント