注意すべきご近所トラブル

 

 

注意すべきご近所トラブルとしては、ゴミ漁りを行い、個人の情報や生活環境を知ろうとして、ゴミ漁りを行った人物と被害を受けた人物が揉めるといったものがあります。

 

このような問題は、どちらかが他の地域に引っ越しをするまで続くケースが少なくないです。
ノゾキや盗聴が原因でトラブルが発生する事もあります。前者は、被害を受けている側が行っている相手に対して注意や抗議を行うものの相手がその行為を認めず、最終的に問題の解決を司法の手に委ねる事が多いです。

 

後者は、自分で見つけるケースはほとんどないです。

 

隣人や地域住民とのコミュニケーションから被害を受けている本人が不信感を抱き、問題が発覚し、トラブルになるケースが多いです。

 

後者の場合、問題が表面化してからは盗聴器等の物的証拠があるため、問題の解決までスムーズに運んでくれます。
井戸端会議がご近所トラブルのきっかけとなる事も少なくないです。

 

その会議でその場所にいない人の悪口を言ったり、批判を行ったりした事をそこにいた人が当人に告げ口し、相手への嫌がらせや誹謗中傷といった行為が起きます。

 

このケースの場合、被害者対加害者という1対1の関係が成立せず、複数人が絡むため、解決に時間がかかります。

コメント